アゴニキビの原因とケア方法とは?

アゴニキビの原因とケア方法とは?

アゴニキビ,原因

 

 

同じ場所に繰り返しできて、赤く腫れて痛くなるアゴニキビ。

 

大人ニキビのなかでも、アゴニキビは他の場所にできるニキビよりも
治りにくいと悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

 

アゴニキビの原因と特徴

 

アゴにできるニキビは他のニキビと比べると違う大きな特徴があります。

 

それは、アゴニキビの原因が体中にあることが多く、
表面だけのケアだけでは、ほとんど効果が得られないということなんです。

 

 

そして、簡単には原因を特定できないのは、いくつもの要因が絡み合って
アゴニキビとしてあらわれるからです。

 

そのため適切なケアができないので、何度も繰り返してしまうのです。

 

 

女性と男性ではアゴニキビの原因が違うことも

 

 

アゴニキビの原因は、性別によっても変わってきます。

 

 

男性に多いアゴニキビの原因

 

男性特有の原因は、ヒゲ剃りによる肌トラブルが多いでしょうか。

 

ヒゲが濃い方は青ヒゲに見えるのが嫌で深剃りしようとして、
アゴまわりの角質を削ってしまい肌を傷つけてしまうことがあります。

 

切れ味を保つために刃は定期的に新しいものに替える。

 

刃のすべりをよくするためシェービングジェルを使う。

 

ヒゲを剃った後は保湿をしっかりするなどの対策が必要です。

 

 

女性に多いアゴニキビの原因

 

女性は毎月生理によってホルモンバランスが変化するため、
生理前にアゴニキビができやすくなる傾向があります。

 

アゴニキビは複数の原因で起こることが多く、解決方法も
それによって違ってきますから、じっくり原因を見極めて対処しましょう。

 

 

アゴニキビの原因の一つホルモンバランスの乱れ

 

アゴニキビにができる原因の一つに、過剰なストレスや生活習慣の乱れによる、
ホルモンバランスの乱れがあります。

 

「男性ホルモン」は皮脂の分泌を促進させる作用を持っています。

 

さらに、皮膚にある保湿成分を減少させ、肌のバリア機能を低下させる
作用もあるのです。

 

 

 

女性でも「男性ホルモン」が少量は分泌されますが、普段は肌を美しく保つ
「女性ホルモン」が優位にあるので、特に問題は出てきません。

 

しかし、ストレスが溜まったり、睡眠不足の日が続いたりすると、
ホルモンバランスが乱れて「男性ホルモン」が優位になってしまうことがあります。

 

ストレスや不規則な生活によって、ホルモンバランスが乱れて
アゴニキビができている人は、それらの原因を取り除く必要があるわけです。

 

 

アゴニキビの原因の一つ食生活質の低下

 

 

アゴニキビ,原因

 

 

アゴニキビになりやすい二つ目の原因は、食生活の質の低下です。

 

アゴの部分は本来皮脂の分泌が少ないのですが、
毎日脂っこい食事や乳脂肪分たっぷりのお菓子などを食べていると、
それだけ皮脂の分泌も活発になってしまいます。

 

 

 

糖質や食品添加物もニキビに繋がるります。

 

甘いもの大好きな女性は要注意ですね。

 

 

過度なダイエットや偏食はNG

 

また、食べる量を極端に減らしてダイエットしている人。

 

偏食で食物繊維やビタミン、ミネラルが不足すると
便秘や冷え性に繋がりますよ。

 

便秘が続くと体の中に老廃物が溜まってきます。

 

ビタミンなどの肌を再生する栄養素も不足してくるので、
体内環境の影響が出やすいアゴまわりのニキビが増えてしまうのです。

 

 

 

食生活を改善するためには、1日3食バランスのいい食事を
摂るのが理想的です。

 

急に変えようと思ってもなかなかできませんよね、そんな時は、
外食ではヘルシーな和食を選びましょう。

 

自宅ではおかずの一品にサラダを足したり、
サプリメントや健康食品を取り入れるなど工夫もあります。

 

 

アゴニキビの原因の一つスキンケア方法

 

 

アゴニキビができる原因には、スキンケア方法の問題もあります。

 

ベタつくことを嫌がって、1日に何度も洗顔フォームや石鹸を使って
顔を洗っていませんか?

 

皮脂は本来、肌の水分が蒸発するのを防いだり、
外敵の侵入を防ぐために分泌されているのです。

 

洗顔の過ぎで皮脂が足りなくなると、乾燥肌になるだけでなく
肌のバリア機能を保とうとして、さらに多くの皮脂を分泌しようとします。

 

 

 

アゴは元々皮脂の分泌が少ない部分なので、
Tゾーンなどの皮脂を落しすぎると、アゴ周りの肌の乾燥が進んでしまいます。

 

その上、皮脂が過剰分泌されてしまうので、毛穴が詰まって、
アゴニキビに繋がってしまうのです。

 

 

アゴニキビ予防には皮脂を取りすぎないスキンケア

 

アゴニキビ,原因

 

 

アゴニキビ予防のスキンケアとしては、Tゾーンは脂を取り除き、
Uゾーンは油分を補給して潤わせるといったスキンケアが
アゴニキビ予防に効果があります。

 

 

ただ、どうしても皮脂が出ているTゾーンが気になり、
必要以上にTゾーンをキレイニしすぎてしまいがち。

 

 

洗顔を徹底して突っ張るまで洗うなどしたうえ、油取り紙で皮脂を
吸い取ったり、サッパリしたローションで軽く整えるなどの、
スキンケアが多くみられます。

 

 

洗顔で皮脂汚れを過剰に取り去ったり、油取り紙で皮脂を抑えたりするのは
一時的にしのいでいるだけで予防の効果はありません。

 

一晩もすれば、お肌が自己防衛反応をおこして以前にも増して、
皮脂が過剰に分泌してしまいます。

 

 

お肌の皮脂は天然の保湿効果!

 

洗顔を何度も繰り返したり、油取り紙を使って無理に皮脂を取ってしまうと、
お肌が潤い不足だと勘違いして、過剰に皮脂を分泌するようになり、
いっそうTゾーンが脂ぎってしまうことになるのです。

 

正常なお肌は、みずみずしい潤い、そして水をはじくほど
ハリとツヤがあるものでう。

 

 

それは人間の身体は自らが肌の内側から皮脂を出し、
お肌表面の潤いを保っているからなんです。

 

 

つまり、適正な量の皮脂は、お肌を守ってくれる効果があり、
決して悪者でもなければ、アゴニキビの原因となることはありません。

 

 

しかし、不規則な生活習慣や偏った食生活、間違ったスキンケア
などの要因が重なると、この機能が低下してしまい、
肌が乾燥したり、脂ぎった肌になってしまうのです。

 

お肌を傷めない洗顔方法

 

乾燥が原因でアゴニキビができてしまう場合は、顔の洗い過ぎ
になっている場合があります。

 

洗顔をせずに拭くだけで済ませることで、乾燥が原因のアゴニキビを
防ぐことができます。

 

顔をタオルで拭き取る際はゴシゴシ拭くのではなく、コットンを使います。

 

 

 

コットンに化粧水を染み込ませて、優しく丁寧に拭き取るようにします。

 

この時の化粧水は自分の肌に合う化粧水を使うことで肌への負担を
減らすことができます。

 

そして、拭き取る箇所に蒸しタオルを乗せ、毛穴を開いておくことでさらに
効果的になります。

 

 

濡らしたタオルをレンジで1分程(500〜600w)温めます。

 

そのタオルを適温に冷ましたら拭き取る箇所に乗せます。

 

血行がよくなって毛穴が開き、毛穴に詰まった皮脂を浮き出させるので
拭き取りやすくなります。

 

ニキビ予防の効果を見る